HOME > ニュース

お知らせ

2021.07.01

あんぜんプロジェクトへの参加について

弊社は厚生労働省の「あんぜんプロジェクト」に参加しております。


従業員の安全と健康の確保が企業活動の基盤であるとの認識の下、安全、健康で快適な職場を実現するため、オペレーション、研究開発、オフィスの各部門の特性に合わせて効果的に安全衛生活動を推進するとともに継続的な改善を図っていきます。


詳しい取り組みについては、あんぜんプロジェクトのホームページに掲載をしております。







あんぜんプロジェクトとは、労働災害のない日本を目指して働く方の安全に一生懸命に取り組み「働く人」、「企業」、「家族」が元気になる職場を創るプロジェクトです!

ロゴ
HOME > ニュース

推奨品種

2022.07.26

【特集】 夏を越えれば宝の山 ~夏の宝山~



【特集】夏を越えれば宝の山 ~夏の宝山~
【特集】夏を越えれば宝の山 ~夏の宝山~



夏に打ち勝つ、夏越しに強く


① 高温乾燥に強く、夏越しの欠株が少ない

② 草姿は立性で短葉の為、風に強い

③ お盆過ぎの根の回復が早く、肥大が良い



これらの特徴を持つ「夏の宝山」
について解説します。






「夏の宝山」3つの特徴
「夏の宝山」3つの特徴






「夏の宝山」3つの特徴1



夏越しの欠株が少ない





夏越しの欠株が少ない



夏の宝山は一般品種と比べて、高温乾燥に強く、夏越しの欠株が少ない。










短葉で風に強い




「夏の宝山」3つの特徴2




短葉で風に強い



台風後でも葉折れが少ない。

降雨後に葉が水を吸って重くなった後の強風でも葉折れがしにくい。



写真:台風後の圃場。左が一般品種、右が夏の宝山になります。








「夏の宝山」3つの特徴3



根の回復が早い





根の回復が早い



お盆すぎからの根の回復が早く、肥大性に優れる



写真:根の比較写真(8月20日撮影)

夏の宝山(左)は一般品種(右)と比べて、根の回復が早い。






その他の特徴
その他の特徴






伸長性について


伸長性について


比較的首の伸び上りはゆっくりの品種ではあるが、太りは良好。

夏の宝山は首部の締まりが良く、一般品種と比べて短葉で草姿がきれい





べと病の発生が比較的遅い


べと病の発生が比較的遅い


べと病の発生が比較的遅い


べと病の発生が比較的遅い




夏の宝山は一般品種と比べて、べと病の発生が比較的遅い








夏の宝山 栽培のポイント
夏の宝山 栽培のポイント






生育初期のポイント






夏の宝山 生育初期のポイント



窒素成分を抑え気味に。


  • 従来の品種と比べて吸肥力が優れているため、元肥の窒素量を減らす

  • 生育初期から中期にかけての葉の色はやや淡くてよい


    色が淡い=肥料切れではありません。強めの追肥は厳禁!



  • 高温多肥により病気を誘発するので、注意。


    追肥は有機質系肥料や緩効性肥料を上手に組み合わせながら、肥料をゆっくりきかせることがポイント



  • 伸長性はゆっくりのため、土寄せ時は土の量を加減する。










生育中期のポイント





  • 生育状況によって追肥量の調節を行う

  • 窒素過剰であれば収穫2~3か月前のケイ酸カリ肥料施用がオススメ






適正な状態



夏の宝山 生育中期のポイント


  • 葉は立性で短葉が良い草姿

  • 適正に肥料が効いている

    色はやや淡いくらいがちょうどよい







悪い状態



夏の宝山 生育中期のポイント


  • 葉が外に開いている状態は、肥料が強く効いている状態

    追肥の量を減らしてください。












生育後期のポイント






夏の宝山 生育後期のポイント




  • 葉がずんぐりし、立性非常にコンパクト

  • 適正な肥料状態

  • 温度が下がってくるにつれ、葉色が濃くなっていく

    ここでの過度な追肥は控えること











襟割れについて

【写真】襟割れが多発した圃場





【注意】襟割れについて

過剰施肥に注意!

葉が外に開き、収穫期に肥料(特に窒素成分)が過剰に効いている状態は、襟割れを助長する。












RELATED NEWS

関連記事